お知らせ

現在仕事が忙しく、図を描く時間が取れません。
次の記事はもうしばらく後になります。

また、2キロ信号灯のあるフラットから見張所へ登るための梯子の位置が白露と五月雨とでは違っているようです。
前回の平面図は白露を参考にして描きましたので違っています。
この点も次回の更新時に直したいと思います。

申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

白露型 2

02-1 五月雨 艦橋平面

五月雨の艦橋平面です。(クリックで拡大します)
窓は青で、梯子・足掛等は赤で、手摺等は緑で描いてあります。
参考にした公式図は五月雨の「艦橋構造 其の1」「艦橋構造 其の2」「舷外側面及上部平面」「艦内側面及艦橋平面」を主にし、部分的に時雨の「舷外側面及上部平面」も参考にしました。
「艦橋構造」は各種断面等が詳しく描かれています。
船首楼甲板平面の右舷側前部の角には艦内への昇降口があり、ほんの少し外側に膨らんでいます。
左舷側の羅針艦橋張り出しの下には2本の支柱があるのですが、後部のものは斜めになっているようです。(烹炊煙突と干渉するため?)
ただし、この2箇所とも鮮明に写っている写真が見当たらず、確認はできていません。
前部マスト中段の2キロ信号灯台は、前半分の輪郭のみは時雨の「上部平面」で確認できるもののそれ以外は不明でしたので白露の昭和18年6月入渠時の写真を参考に描きました。
ただ、手摺だけは完全に想像です。

連休中にがんばって描きましたが、残念ながら以前のような集中力が無く今回はこれだけになりました。
次回は側面を、次々回は断面と白露との相違点及び海風の艦橋を紹介できればと思っています。

丙型潜水艦 3(仮)

伊46型 艦橋

伊46型は伊16型とは数多くの違いがあります。
今回もあまり図が描けませんでしたが、乙型と乙型改一の違いと同じ部分も多くありますので「乙型改一 1」を参考にしていただければわかりやすいかと思います。

1  網切器の廃止
2  ムアリングパイプの廃止
3  潜舵ガードの廃止
4  右舷の錨の廃止(乙型改一では左舷が廃止されました)
5  起倒式無線檣の廃止(甲板の格納部もありません)
6  空中線引込口の小型化
7  方向探知機ガードの廃止
8  遮風天蓋の追加
9  1.5m測距儀から15cm双眼望遠鏡へ変更
10 25mm機銃脇のブルワークの上部カット
11 逆探の装備(艦橋の前後両舷に計4基)
12 艉信号灯の廃止
13 応急遮断弁の装備
14 伊47と伊48は22号電探を装備して竣工しました。

また、伊48は新造時より後甲板に回天搭載設備を装備しています。
新造時の伊58と同様に、交通筒は中央の2基のみで舷側の張り出し部も短いものでした。

遮風天蓋

潜望鏡の奥に見えるものが遮風天蓋です。
これ以外の写真では写っていませんので、折畳み式になっているのではと考えています。

応急遮断弁

応急遮断弁覆いの平面形状は乙型改一ではほぼ長方形でしたが、伊46型では横にあるハッチと干渉するために変わった形状となっています。
下の図は艦内側面を参考に描いた応急遮断弁です。

写真1 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.718より

丙型潜水艦 2(仮)

伊24

伊16の艦橋側面には機械室吸気口がありますが、写真1の伊24にはそれがありません。
巡潜1型から続いたこのレイアウトは、この丙型の途中で変更になったものと思われます。
ただ、伊16と伊18はあることが確認できますが、伊20と伊22は不明です。
なお側面の吸気口は廃止になりましたが、艦橋内部の給気筒には変化がありません。
それでは吸気口はどこにあるのかということですが、残念ながら丙型の写真ではそれを確認できるものは見当たりませんでした。

伊52

ただ、この艦橋内への給気筒の配置は乙型でも同様であり、それの船体を利用した丙型改にそれらしい写真があります。
写真2は海底に沈んでいる伊52の艦橋上を写したものです。
ここは木甲板になっているのですが、ちょうど給気筒の真上に当たる部分に穴の開いた鉄甲板が確認できます。
伊24も同様になっているのではないかと推測します。

艦橋後部

丙型の艦橋後部には25mm連装機銃が置かれており、それの操作のため艦橋上部は艦橋下部よりも広がった形状になっています。
図の青で描いた線が甲板面での形状です。
写真3ではこの段差が確認でき、写真4ではラッタルの手摺がそれに合わせる形で変化しているのが確認できます。
また、この艦橋後部には右舷のみ倉庫への入口があるため、ラッタルの位置が左右舷で若干違っています。


写真1・4 歴史群像シリーズ日本の潜水艦パーフェクトガイド 学研 P.52より
写真2 NATIONAL GEOGRAPHIC日本版 1999年10月号 日経ナショナルジオグラフィック社 P.133より
写真3 日本海軍艦艇写真集 潜水艦・潜水母艦 ダイヤモンド社 P.46より

丙型潜水艦 1(仮)

申し訳ありません、1月中にあげるつもりが遅れてしまいました。
仕事の都合で時間が取れず、図を描くことができませんでした。
いつか乙型潜水艦の記事のように全体図で書き直したいと思っていますので、今回は(仮)とします。

艦橋

今回は丙型潜水艦の艦橋前部についてです。
(図はクリックで拡大します。測距儀は伊16が使用時、伊18は格納時で描いてあります。)
艦橋前部のふくらみ部には電信室があり、その上には空中線引込口があります。
伊16はこの引込口がふくらみの上に飛び出すようにあるのですが、伊18は引込口がふくらみと一体化しています。
なお、引込口の開口部はどちらも右舷側にあります。
伊16型5隻は、伊16が呉工廠、伊18と伊24が佐世保工廠、伊20が三菱神戸造船所、伊22が神戸川崎造船所で建造されました。
伊24は写真が残っており、伊18と同様の形状であるのが確認できます。
伊20は、私の資料では写真が見つかりませんでしたが公式図の「上部平面」では伊16と同様に描かれています。
伊22は写真も公式図も見当たらず、不明です。
ただ、この引込口の形状の違いは巡潜3型も同様で、呉工廠で建造された伊7は伊16と同じように引込口が独立した形状で、神戸川崎造船所で建造された伊8は伊18のように引込口が一体化しています。
伊8と同じ神戸川崎造船所で建造された伊22も、同様に一体化した形状である可能性が高いと思われます。
伊46型はこの引込口が小型化されています。

伊46型では艦橋上の機銃脇のブルワークが少し低くなっており、測距儀も双眼望遠鏡に変わっています。
これは乙型潜水艦でも同様の変化がありましたので、伊16型の各艦も同じように変化した可能性があります。(早期に沈んだ伊18と伊22はブルワークの変化のみ?)

次回は艦橋後部について、次々回は伊46型の伊16型との違いについて書く予定です。


プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR