FC2ブログ

伊373型(丁型改)

伊373型ですが、海人社の「日本潜水艦史」や大日本絵画社の「日本海軍の潜水艦」には写真や図面が発見されておらず詳細不明と書かれています。
しかし、戦前船舶研究会のDVD図面集には「第2962号艦型 諸タンク容量及重心位置図」というものがあります。
この第2962号艦型というのが、伊373型のことなのです。

2962号艦

この図面には、各タンク類の容量等が一覧表として書いてあるのですが、そのタンク類の位置を示すために簡略化された艦内側面図と水線付近の平面図が描かれています。
(上図はタンク類を省略して描いています)
平面は丁型と同様にずんぐりとしており、実際に伊365の入渠用図と重ねてもほとんど差がありません。
側面図は大体の外見がわかるのみですが、それでもこの艦型の特徴がわかります。
まず船体艦尾付近ですが、丁型にあった段差がありません。
そのため、丁型にあった通船架台用の窪みも無いと思われます。
そして艦橋後方が延長され雛壇状になっています。
これは丁型改の武装に関係すると思われます。
丁型改の武装は25mm機銃が7門と、8cm連装迫撃砲が2基とされています。
機銃7門の内訳ですが、「3連装1基と連装2基」「連装3基と単装1基」の2つの説があります。
ただ、たいへんお世話になっていますT氏の情報で一般計画要領書には前者が書いてあるとの事です。
この25mm機銃7門というのは、伊351型(潜補)と同じであり、伊351の写真で艦橋後部に雛壇状に装備された連装2基が確認できること、そしてこの諸タンク容量図にある艦橋形状から、この373型も同様の機銃配置であったと推定しています。

丁型・丁型改

丁型及び丁型改の推定図です。
(クリックで拡大します)
伊373の武装は、前甲板に25mm3連装機銃、艦橋上に25mm連装機銃2基で描いてあります。
迫撃砲は詳細不明なため、描いていません。
なお、丁型にも潜望鏡が2本と短波檣があります。
艦中心線上にある2本は、前が第2潜望鏡で後が短波檣です。
第1潜望鏡は第2潜望鏡の左舷側にあり側面図では重なっています。
シュノーケルは、伊58のように給排気筒が艦の前後に並んでいるのではなく、横に並んでいます。
プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR