FC2ブログ

足柄

足柄 艦橋1

写真1は昭和17年12月、写真2は昭和18年5月の足柄です。
左舷の1.5m測距儀下から下部見張り所にかけて、構造物が増設されています。
右舷の1.5m測距儀の下は従来どおりですので、これは左舷のみに増設されたようです。

那智 艦橋2

青い矢印は下部見張り所で、これの見え方からすると増設された部分は図の黄色の部分になるかと思われます。(図は中部艦橋平面を示します)
機銃座へは緑の矢印で示した小扉から向かうのでしょうか。
ではこの増設された構造物は何のためでしょうか。
昭和18年4月に行われた工事では、艦橋の13mm連装機銃を25mm連装機銃に換装しましたので、人員増加による兵員待機所という可能性があります。
また、21号電探を前部マストに設置しましたが、その電探室を新たに設けずに既存の部屋を利用し、結果何れかの施設をここに移設したという可能性もあります。
この場合は艦橋後部に構造物が新設されたかどうかが判ればいいのですが、はっきり判る写真は見当たりませんでした。
この構造物の目的は結局不明です。
その他、上部見張り所の移設や防空指揮所の新設もありますが、これらはこの構造物には関係ないと思われます。

写真1 日本海軍艦艇写真集 巡洋艦 ダイヤモンド社 P.84より
写真2 丸スペシャルNo.125 戦時中の日本巡洋艦III 潮書房 P.54より
プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR