FC2ブログ

駆逐艦 外板比較 1

01-01 中央切断 詳細

五月雨の公式図「中央切断」の一部分です。
船体外板は図のように張られており、その境目は板厚の分だけ段差があります。
単位はミリメートルです。
なお、外板の厚さは艦首部及び艦尾部は薄く均一ではありません。
また甲板も艦首部と艦尾部は張り方が異なっています。

01-02 中央切断 1

樅型の栂「中央切断図」(新造時)と、若竹型の芙蓉「中央横断図」(昭和10年)を参考にしています。(クリックで拡大します)
なお、外板の重なり方を判りやすくするために誇張して描いてありますのでご注意ください。
芙蓉のビルジキールの材質はDSとなっていますので、後から大型化されたものと思われます。

01-03 中央切断 2

神風型の春風「中央切断図」(新造時)と、睦月型の皐月「最大中央横断図」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
栂や芙蓉の側面外板は上から内・外・内となっていますが、春風や皐月は上から外・内・外となっています。

01-04 夕風

峯風型は参考できる資料が見当たりませんでしたが、夕風の写真で影の付き方(赤い矢印の境目に影ができている)から神風型と同じだと思われます。

写真1 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.23より


駆逐艦 外板比較 2

02-01 中央切断 3

吹雪型の白雲「最大中央横断」(昭和11年、改造後)と綾波型の潮「最大中央横断」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
なお、外板の重なり方を判りやすくするために誇張して描いてありますのでご注意ください。
両艦を比較すると、喫水線付近の外版の重なり方が違っています。
白雲の新造時の喫水位置は初雪の「正面線図(改造後の図面ですが喫水位置は新造時のまま)」を、潮の改造後の喫水位置は夕霧の「諸要部切断(改造後)」を参考にしてあります。
なお、改造後の綾波型は暁型と同じく艦底にバラストキールが付きます。

02-02 中央切断 4

暁型の艦名不明の図は「日本海軍艦艇図面集」(原書房)の吹雪型とされている図(新造時と推定)を、響は「中央切断」(昭和11年、改造後)を参考しています。(クリックで拡大します)
改造後の響の図面は新造時の図面を元にして修正を加えられているものですが、喫水位置は新造時のままとなっています。
そのため図の喫水位置は響の「諸要部横切断(改造後)」を参考にしています。

駆逐艦 外板比較 3

03-01 中央甲板

写真1は綾波の二番魚雷発射管の左舷側、写真2は朧の一番魚雷発射管の右舷側、写真3は天霧の三番魚雷発射管の左舷側です。
魚雷運搬軌道の中央に段差があり、リノリウム押さえが確認できます。

03-02 前部切断 詳細
03-03 艦首&艦尾

敷波の公式図「前後部横断構造」の前部の一部分です。
甲板の継ぎ目はこのようになっています。
写真4は響の艦首部、写真5は漣の艦尾部です。
写真5を見ると、リノリウムの敷かれている部分では継ぎ目の段差のようなものは見られません。

03-04 前部切断 1
03-05 後部切断 1

敷波の公式図「前後部横断構造」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
船首楼甲板は、すべてこのような甲板の継ぎ目となっていると思われます。
艦尾側の境目は不明ですが、後部機械室後端付近ではないかと推定しています。

写真1 歴史群像太平洋戦史シリーズNo.70 完全版特型駆逐艦 学習研究社 P.18より
写真2 歴史群像太平洋戦史シリーズNo.70 完全版特型駆逐艦 学習研究社 P.19より
写真3 歴史群像太平洋戦史シリーズNo.18 特型駆逐艦 学習研究社 P.31より
写真4 歴史群像太平洋戦史シリーズNo.70 完全版特型駆逐艦 学習研究社 P.36より
写真5 歴史群像太平洋戦史シリーズNo.70 完全版特型駆逐艦 学習研究社 P.30より

駆逐艦 外板比較 4

04-01 狭霧 艦首

昭和15年ごろの狭霧の艦首の写真では艦首部の外版の貼られ方がわかります。
赤い線で示した継ぎ目は光が当たっており、青で示した継ぎ目は影になっています。
一番砲後方は前回の図の通りになっています。(性能改善工事後のため喫水線は上がっていて、継ぎ目が1箇所水面下になっています)
艦首はシアーにより外板が増えています。

04-02 補強板

この写真では船首楼甲板後端部の船体側面には補強板が確認できます。
この補強板は新造時には無く、性能改善工事で取り付けられたもののようです。
補強板は3枚で構成されていますが、漣(写真3)ではその境目が重なるようになっています。

04-03 補強板2

04-04 補強板3

性能改善工事後で外板が判る写真がある吹雪(写真4)・初雪(写真5)・朝霧・天霧・朧・曙・潮・暁・響・雷(写真6)・電(写真7)でも確認でき、特型すべてに取り付けられたと思われます。
初春型・白露型にも補強板はありますが、こちらは次回に解説します。

写真1・2 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.65より
写真3 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.68より
写真4 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.45より
写真5 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.587より
写真6 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.72より
写真7 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.73より

駆逐艦 外板比較 5

05-01 中央切断 5

初春型の初春「中央切断横断」(昭和9年、改造後)と白露型の五月雨「中央切断」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
なお、外板の重なり方を判りやすくするために誇張して描いてありますのでご注意ください。

05-02 中央切断 6

白露型の海風「最大中央横断」(新造時)と朝潮型の霞「中央部構造切断」を参考にしています。(クリックで拡大します)
白露型後期艦から船体側面の外板の張り方が変わっています。

05-03 中央切断 7

陽炎型の秋雲「中央部構造切断」(新造時)と夕雲型の沖波「中央部構造切断」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
沖波の中央構造物(前部煙突後部)が角ばった形状となっています。
夕雲の「中央部構造切断」では秋雲と同じですので、夕雲型すべてが角ばっているわけではなさそうです。

05-04 補強板 4

特型にあった船首楼後端付近の補強板は初春型・白露型にも確認できます。
ただ、両型とも外板の確認ができる写真がほとんど無いため全艦にあったかどうかは不明です。
写真1は初春型の初霜、写真2は白露型の白露、写真3は白露型後期艦の海風です。
緑色の線は船体外板の継ぎ目です。
春雨は昭和18年に前部煙突直前より前を喪失しましたが、復旧工事後にも補強板は取り付けられています。
朝潮型以降には補強板は無いようです。

写真1 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.608より
写真2 写真日本の軍艦第11巻 駆逐艦II 光人社 P.38より
写真3 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.614より


プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR