FC2ブログ

潜水艦用13mm連装機銃 2

九三式十三粍二連装機銃五型

九三式13mm機銃五型

図は「各種機銃縮図 昭和十一年二月調製」より(一部アレンジあり)。
これも、図に書かれている重量は「予定重量 360kg」となっていますので、この時点ではまだ開発中だと思われます。
完成したものとは多少違いが有るかも知れませんが、それほど大差は無いと思います。

 組み合わせ機銃    九三式十三粍機銃二型改一
 組み合わせ銃架    九三式十三粍二連装銃架五型
 最大仰角         85度
 最大俯角         10度
 操作半径         1400mm
 照準器          環型
 重量(機銃・銃架)    330kg
 搭載重量         660kg

昭和14年10月の機銃型別一覧表にある搭載艦名
伊7  1 ・ 伊8  1 

機銃本体が取り付けられている又軸は、昇降可能です。
機銃本体は銃架より取り外し、艦内に収納しているものと思われます。

伊8-2

水上艦用の13mm連装機銃とはまったく形状が違いますので、写真で探しても判らなかったのだと思います。
しかし、この伊8の航空写真(「写真 日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ」P.706より)では矢印部にわずかに影があり、手前に何かがあることが判ります。
この影を作っている物には又軸のようなものが見え、これが13mm連装機銃の銃架だと思います。

潜水艦用13mm連装機銃 3

九三式十三粍二連装機銃五型改一の図はありません。
機銃型別一覧表には
 重量(機銃・銃架)  320kg
 搭載重量       620kg
となっていて、いくらか軽量化された物のようです。

伊75

昭和14年10月の機銃型別一覧表にある搭載艦名は
伊74  1 ・ 伊75  1 となっています。
海大6型bに所属する両艦は、13mm連装機銃2基から13mm単装機銃1基へと設計変更されたとする資料もあります。
しかし、この機銃型別一覧表に記載されている事と、「歴史群像 太平洋戦史シリーズNo.17 伊号潜水艦 学習研究社」の折り込みにある公式図には機銃が2基描かれていること(艦橋天蓋平面にある文字はつぶれて読み取れませんが、文字数から十三粍連装機銃と書かれているのではないかと推定しています)から変更は無いのではないかと思っています。
艦橋を前から見た写真でも、艦橋後部側の幅が海大6型aよりも広くなっているようですし、この伊75の写真(「世界の艦船増刊 日本潜水艦史 海人社」P.58より)では艦橋上にそれらしき影が写っています。

六型は、機銃型別一覧表には五型と同様の円錐台式で操作半径を1mに縮小したものと書かれています。
しかし、搭載艦名には何も書かれてはいませんし、4艦以外には13mm連装機銃を搭載した潜水艦は無いようです。

大和 1

戦艦 大和の考証です。

武蔵

上の写真は武蔵のシールド付高角砲です。
(上は「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.65、下は同P.88より)
シールド前面には固定式の手摺が有ります。

大和-1

これらの写真は大和のシールド付高角砲で、上より昭和16年9月(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.8より)、昭和17年(「歴史群像 太平洋戦史シリーズNo.20 大和型戦艦2 学習研究社」P.38より)、昭和20年1月(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.101より)です。
何れの写真にもシールド前面に手摺は写っていません。

大和-2

17年の写真に写っている手摺は、副砲の測距儀の上にある物です。
20年の写真では、照準窓のシャッター部のラインがわかりますが、それが手摺によって途切れているところはありません。
シールド付高角砲の前面に手摺があるのは武蔵のみで、大和には付いていないようです。

今回及び次回の大和の記事は、以前「模型 海と空」の掲示板に書き込み、そこで色々と検証していただきました。
そのとき、大和の海底調査のビデオでもやはり手摺は見当たらないとの情報をいただきました。
検証に参加していただいた皆さん、ありがとうございました。


追記

高角砲

株式会社バップから発売されているDVD「戦艦大和 深海に眠る、栄光と伝説の全て」からのキャプチャー画像です。
1999年に行われた大和の海底探査時のもので、上は12.7cm高角砲シールドです。
やはり、手摺はありません。
手摺のみ朽ちたという可能性は、下の副砲後面にある手摺が残っていることから無いと思われます。
(副砲は裏返しになっているため、上が床面になります)

大和 2

大和-3左舷

大和の艦尾両舷には錨がありますが、左右同じものではなく左舷は中錨、右舷は小錨となっています。
左舷の中錨付近は従来の図や模型と同じです。
(写真は「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.31より)

大和-3右舷

右舷の小錨付近は、左舷とは違っています。
小錨の前方にも開口部があります。
(写真は「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.33より)

大和-4

上写真(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.25より)では、小錨よりも前方から光が漏れていますし、左舷からの下写真(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.31より)でも、カタパルト前の開口部のさらに前に小さな光点があります。

小錨の上にある2つの黒い点は、軽め穴かと思っていましたが、「模型 海と空」での検証時にこの小錨用のダビットのソケットではないかとの指摘がありました。
小錨の中心とこの黒い点は多少ずれているようにも見えますので、その可能性は高いと思います。

大和-5艦尾

レイテ戦時の大和の艦尾には、黒い点が4つ写っています。
爆雷投下台ではないかと思っていましたが、検証時には25mm単装機銃用の弾薬箱ではないかとの意見がありました。
ただ、25mm単装機銃が従来の図に描かれているように舷側から離れた位置にあるならば、ここに弾薬箱を置くのは射撃方向から見て危険であると思います。
ただ、逆にこの黒い点の間の舷側寄りに機銃が設置されていたならば、これが弾薬箱でもおかしくありません。
残念ながら、これが何であるかは結論が出ませんでした。

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR