FC2ブログ

占守型 2

02-1 船体1
02-2 船体2

船体基本形状の修正中です。
艦首平面形状は0.5mmプラ板を適当に貼り付けた後にヤスリで整形、側面形状も艦首部を削った後に0.5mmプラ板を貼り付け整形し、それぞれのアウトラインを出しました。
後はパテを盛り艦首部を整えました。
船首楼後端の側面を削り三角部を作りました。
ただ、少々前部を削りすぎたようですが、このままとします。
艦中央部から後部にかけての側面に0.5mmプラ板を貼り、艦中央部は甲板部まで上部を削って断面形状を修正し、後部は平面形状のふくらみを修正した後、下部を削り込みました。
甲板はリノリウム押さえや各部のモールドを削り落としてあります。
(平面写真の比較用は択捉型の船体ですが、基本形状は占守型と同一ですので使用しました。
占守型のキットは2隻入りですが、艦尾のプラ板貼りで甲板部に隙間が出来てしまう失敗をしてしまい、比較用の船体が無くなりました。)

占守型 3

03-1 模型

中央構造物は、左右のパーツを張り合わせる際0.5mmプラ板をはさみ、艦橋直後で3mm弱延長してあります。
なお、艦橋基部の改修は後ほど書きます。
船体は舷窓を開けたところまでです。
この後、舷外電路と甲板上の備品類にとりかかります。

03-2 艦首平面

03-3 艦尾平面


艦首と艦尾の上部平面です。
装填演習砲は、第1号型哨戒艇の公式図に四十五口径三年式十二糎砲[G型]装填演習砲装備図がありますので、こちらを参考にしようと思っています。

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR