FC2ブログ

乙型改二潜水艦 1

10-1 伊54

竣工時の伊54です。
(クリックで拡大します)
竣工時の伊44と比較して、以下の点に違いが見られます。
1  航空機格納筒の上に22号電探を装備
2  方向探知機のガードを廃止
3  艦橋の扉位置の変更
4  補助発電機室の移動に伴い、排気口位置の変更(乙型改二は両舷にあります)
5  ハッチ位置の変更
6  機関変更に伴い、排気口位置の変更
7  上部縦舵ガードの縦舵上の部分を廃止

乙型改二潜水艦 2

11-1 伊58-1

昭和19年12月末の金剛隊出撃時の伊58です。
(クリックで拡大します)
伊58は建造時より回天搭載艦とされ、後に改造された艦よりも舷側の張り出しが小さく、波除けもありません。
また、両脇の回天搭載場所も、伊36と比較して中央寄りかつ艦尾寄りとなっています。
この張り出し部の手摺は、張り出しの内側にあり取り外し式のようです。
艦橋は双眼鏡の配置位置などが左右非対称になっていますが、詳しくは次回記述します。


以下の図を訂正しました。
「乙型潜水艦 5」伊33・「乙型潜水艦 6」伊36・「乙型改二潜水艦 1」伊54
   航空機格納筒の上の22号電探を若干前方に修正。
「乙型潜水艦 4」伊30
   艦中央部の舷側にある足掛け部の舷外電路にカバーを追加。
「乙型改一潜水艦 1」「乙型改一潜水艦 2」伊44
   舷側灯を消去。
プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR