FC2ブログ

加賀 12

12-1 最大横断面

大改装後の加賀の「最大中央横断」です。
右舷には煙突、左舷には探照燈の格納部が描かれています。
赤い矢印で示した部分は缶室通風路で、探照燈格納部の内側に吸気口が開いています。

12-2 缶室吸気路

加賀の改装後の「一般配置図」の最上甲板平面を見てみると、第一発動機調整所内に重なるように3箇所の区画が描かれています。(図の赤い区画)
残念ながら最上甲板平面には注釈が書かれていませんが、同図の上甲板平面にはほぼ同位置に缶通風路があり、最上甲板平面の区画も缶通風路だと思われます。
写真1の発動機運転場には発動機調整所への開口部がありますので(青い矢印)、缶通風路の吸気口はその後方(四番高角砲座の下)に開いていると思われます。
さて、その四番高角砲座の下には庇状のものがあります。(緑の矢印)
写真2は前方から、写真3は後方から同部を写したものです。
この庇の下に構造物は無いように見えます。
後方の六番高角砲の下には、大改装前は測距所があり4.5m測距儀が設置されていましたが、それの移設とも思えません。
発動機運転場からの排気を、缶通風路へ吸い込まないための覆いではないかと推測していますが、結局は不明です。

写真1 世界の艦船増刊 日本航空母艦史(旧版) 海人社 P.31より
写真2 海軍艦艇史3 航空母艦 KKベストセラーズ社 P.71より
写真3 日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦 ダイヤモンド社 P.33より

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR