FC2ブログ

駆逐艦 外板比較 5

05-01 中央切断 5

初春型の初春「中央切断横断」(昭和9年、改造後)と白露型の五月雨「中央切断」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
なお、外板の重なり方を判りやすくするために誇張して描いてありますのでご注意ください。

05-02 中央切断 6

白露型の海風「最大中央横断」(新造時)と朝潮型の霞「中央部構造切断」を参考にしています。(クリックで拡大します)
白露型後期艦から船体側面の外板の張り方が変わっています。

05-03 中央切断 7

陽炎型の秋雲「中央部構造切断」(新造時)と夕雲型の沖波「中央部構造切断」(新造時)を参考にしています。(クリックで拡大します)
沖波の中央構造物(前部煙突後部)が角ばった形状となっています。
夕雲の「中央部構造切断」では秋雲と同じですので、夕雲型すべてが角ばっているわけではなさそうです。

05-04 補強板 4

特型にあった船首楼後端付近の補強板は初春型・白露型にも確認できます。
ただ、両型とも外板の確認ができる写真がほとんど無いため全艦にあったかどうかは不明です。
写真1は初春型の初霜、写真2は白露型の白露、写真3は白露型後期艦の海風です。
緑色の線は船体外板の継ぎ目です。
春雨は昭和18年に前部煙突直前より前を喪失しましたが、復旧工事後にも補強板は取り付けられています。
朝潮型以降には補強板は無いようです。

写真1 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.608より
写真2 写真日本の軍艦第11巻 駆逐艦II 光人社 P.38より
写真3 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.614より


プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR