FC2ブログ

山城 1

戦艦山城の公式図は、「海軍鑑定公式図面集 今日の話題社」にある「舷外側面」「上部平面」があります。
これは、改装直後の公式図を長谷川藤一氏がトレースされたもので、「歴史群像太平洋戦史シリーズNo.30 扶桑型戦艦 学習研究社」にも縮小されたものが、昭和13年の「艦橋各層平面及び機銃配置図」と一緒に載っています。
さて、マイクロフィルムに記録された公式図の中に、昭和16年1月末現在と記されているものがありました。
「諸艦橋平面」「最上甲板平面」「上甲板平面」「中甲板平面」「下甲板平面」「最下甲板平面」「第一船艙平面」「第二船艙平面」の8枚で、昭和11年3月に製図された物に改訂を加えていったようです。
また、表題のない「最上甲板平面」「上甲板平面」「中甲板平面」「下甲板平面」もあり、こちらは元となった昭和11年3月製図の物のようです。
今回は、それぞれ2枚の「最上甲板平面」「上甲板平面」を比較して、その変化を書きます。

01-1 平面 S.11

昭和11年の「最上甲板平面」「上甲板平面」を参考にして書いた平面図です。
(クリックで拡大します)

01-2 平面 S.16

昭和16年1月の「最上甲板平面」「上甲板平面」を参考にして書いた平面図です。
(クリックで拡大します)
なお、艦橋のシェルター甲板部の備品は両方とも昭和16年時を参考にして描いています。

昭和13年の工事で目立つのは、艦載艇の格納場所の変化です。
カッター・通船の薄い赤の矢印は、それぞれの戦時格納場所を示しています。
12mランチは名称の記入がありませんでしたが、形状・大きさから判断しました。
橙色の矢印部には、この公式図では描かれていないダビットが写真で確認できます。
3番カッター移設後にここだけ残したのか、それとも違う物を設置したのかは不明です。
(左舷側は写真が無く不明です)
その他の変化場所は紫の矢印で示しています。

この後は「諸艦橋平面」から艦橋他の各層を紹介していきます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR