FC2ブログ

お詫びとお知らせ

以前、伊361型潜水艦について書きましたが、その内容に誤りがありました。
大日本絵画社の「NAVY YARD No.24」によると、艦首先端の延長部は伊361型全ての艦に行われたそうです。
またその他の考証も大変詳しく書かれていますので、私の記事は百害あって一利なしということで該当記事を削除いたしました。
大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

また、「大和 1」において高角砲シールドの手摺について書きましたが、以下の画像及び文章を追記しました。


追記

高角砲

株式会社バップから発売されているDVD「戦艦大和 深海に眠る、栄光と伝説の全て」からのキャプチャー画像です。
1999年に行われた大和の海底探査時のもので、上は12.7cm高角砲シールドです。
やはり、手摺はありません。
手摺のみ朽ちたという可能性は、下の副砲後面にある手摺が残っていることから無いと思われます。
(副砲は裏返しになっているため、上が床面になります)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR