FC2ブログ

潜水艦用13mm連装機銃 4


毎日新聞社の「シリーズ20世紀の記憶 不許可写真2」P.167の右上に、潜水艦の後甲板で兵員が体操をしている写真があります。
このページの下には「潜水艦イ8号の写真4枚は不許可にされた。」とありますが、右上のこれだけは伊8ではありません。
この写真の潜水艦には後甲板にカタパルトが無く、また兵員の間に機銃が写っています。

06-1 九三式13mm機銃四型-2

この機銃は、銃身の長さ・形状から13mm機銃です。
そして、銃身部分を拡大してみるとこの機銃が連装であることが判ります。

06-2 九三式13mm機銃四型-3

この後甲板に装備された機銃は、起倒式の銃架である九三式十三粍二連装機銃四型ではないかと思われます。
「各種機銃縮図 昭和十一年二月調製」にある図を多少加工したものと並べてみました。
なお、この機銃については当ブログの「潜水艦用13mm連装機銃 1」で解説しています。

06-3 海大6型b後甲板

13mm連装機銃を搭載したのは、巡潜III型と海大6型bだけですので、この写真の潜水艦は海大6型bの伊74か伊75のどちらかということになります。
この写真は昭和17年5月にマーシャル諸島で撮影されたもので、この時期の両艦の行動とも合っています。
ただ、「歴史群像 太平洋戦史シリーズNo.17 伊号潜水艦 学習研究社」の折り込みにある公式図では、13mm機銃は短艇収納部の真横(青い点)に描かれていますが、この写真では短艇収納部の後端部(赤い点)にあります。
「公式図は計画時のもので、その後に変更となった」「公式図は伊74、写真は伊75」等の可能性がありますが、詳細は不明です。
本に掲載されている図面は公式図の表題部が省いてありますが、その図の信用性にかかわる部分ですので省かないで欲しいものです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR