FC2ブログ

乙型改一潜水艦 1

08-1 伊44

竣工時の伊44です。
(クリックで拡大します)
竣工時の伊29と比較して、以下の点に違いが見られます。
1  ムアリングパイプの廃止
2  潜舵ガードの廃止
3  左舷の錨の廃止(建造中での変更か?)
4  飛行機格納筒の防弾板?の廃止
5  クリートより前にある手摺を2段から1段へ変更
6  25mm機銃脇のブルワークの上部カット
7  空中線引込筒?の追加
8  1.5m測距儀から15cm双眼望遠鏡へ変更
9  艉信号灯の廃止
10 14cm砲脇の張り出しの廃止、ブルワークを低い手摺に変更
11 応急遮断弁の装備
12 艦尾付近の手摺を固定式に変更(右舷は起倒式無線檣まで)
伊45は舷外電路が排気口の下を通っていることと、方位測定機のガードが廃止されていること以外はほぼ同じようですが、写真が鮮明ではないためはっきりとはわかりませんでした。 

その他の乙型改一潜水艦は写真が無く、詳細は不明です。
なお、大日本絵画社の「日本海軍の潜水艦 その系譜と戦歴全記録」P.73にある写真のキャプションは伊37とありますが、この艦は乙型改一の特徴を有しており伊37ではありません。
特四式内火艇を搭載する龍巻作戦に参加予定の乙型改一潜水艦は、伊41と伊44だけであり、また舷外電路の位置が伊44とは違っているため、この写真の艦は伊41であると思われます。


08-2 応急遮断弁

主機械排気口のある応急遮断弁覆いの形状は、私の持っている資料では艦内側面だけのため、平面形状を推定してみました。
右舷側の内側前方が暗く写っているため、この部分も外側と同様斜めになっているかと思いましたが、前端の傾斜角が左右で同じため(赤い線)内側は直線だと判断しました。
なお、外側上辺(青い矢印)は少し丸みを帯びています。

写真1(伊44) 日本海軍艦艇写真集 潜水艦・潜水母艦 ダイヤモンド社 P.36より
写真2(伊48) 丸エキストラ戦史と旅No.15 P.34より

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アオシマの新製品、巡潜乙型・伊19をレビュウする: 前篇

以前、アオシマワスプのおまけとして付属していた巡潜乙型の初期型・伊19が単体で発売された。 そこで、今回は簡単にレビューするとともに、巡戦乙型のディテール周りについて軽く調べてみた。 1/700巡潜乙型キットの現状 既存品ではフジミの伊15もしくは伊19の名で発売されており、WLシリーズのフジミ脱退でラインナップに空いた穴を埋める形となる (空いた穴のもう一方、丙型後期型はどうなるんだろう…...
プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR