FC2ブログ

阿賀野型 30

煙突周りの配管ですが、複雑な配置となっています。

29-1 阿賀野 煙突1

29-2 阿賀野 煙突2

上から阿賀野の右舷真横(「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦 ダイヤモンド社」P.177より)・右舷斜め前方(「丸スペシャルNo.123 戦時中の日本巡洋艦I 潮書房」P.16より)となります。
阿賀野は左舷の判る写真はありません。

30-1 能代 煙突1

30-2 能代 煙突2

30-3 能代 煙突3

30-4 能代 煙突4

上から能代の右舷真横(公式図「舷外側面」より)・左舷真横(「レイテ沖海戦 巡洋艦能代の最後 社団法人浜松西法人会広報委員会」表紙より)・左舷斜め前方(「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦 ダイヤモンド社」P.178より)・真上(公式図「上部平面」より)となります。
公式図の上部平面では、煙突側面の配管の位置が左右舷でずれて描かれています。
右舷側は舷外側面と合っているのですが、左舷側が写真と違っています。

なお、黄色は蒸気サイレンへの配管で、赤色は中甲板の鋳物工場からの煙突、橙色は上甲板の鍛冶工場・溶接工場と煙突横の焼却釜からの煙突のようです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR