FC2ブログ

加賀 2

02-1 滑走制止策

近代化改装時に中部エレベーター後方に設置された滑走制止策についてです。
改装前の中部エレベーター後方には遮風柵(写真1 A)、縦策式着艦制動装置の縦策引き込み口(同 C)、伸縮継手(同 B)があります。
縦策は縦策引き込み口から甲板下にある機器に繋がれています。
写真2は赤城のものですが、その部分は開閉式の蓋になっています。
赤城のこの蓋は木製ですが、表側の艦首側半分のみ鉄板張りのようです。
加賀では写真1で縦策引き込み口と遮風柵の間が若干明るく写っているのはこれだと思われます。
ただ、表側のすべてが木製であるのか、赤城のように前方のみ鉄板張りなのかは確定できませんでした。
図では前半分鉄板張りとして描いてあります。
さて、改装後にはここに滑走制止策が設けられましたが、これの支柱が設置された周辺のみは木甲板に張り直されました。
写真3ではそれが確認できますが、縦策引き込み口の端は直角ではありません。

02-2 滑走制止策

中部エレベータ後方の遮風柵は、改装時に廃止されその部分は鉄板で塞がれました。
しかし左舷の端の部分は直角ではなく斜めになっています。(写真4)
これも滑走制止策の支柱が干渉するためです。
下は写真4の明度とコントラストを変更したもので、ここに支柱があるのがわかります。
(この写真ではエレベーター前の遮風柵と後ろの遮風柵跡の幅に違いが見られますが、これは上記の縦策引き込み口の前の蓋の前半分が鉄板張りのせいでしょうか?)
また、左舷の滑走制止策支柱の位置がかなり端にありますので、策の端は舷外に飛び出た部分に繋がれることになりますが、これは写真5で確認できます。

写真1 日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦 ダイヤモンド社 P.28より
写真2 海軍艦艇史3 航空母艦 ベストセラーズ社 P.36より(キャプションでは遮風柵取り付け工事となっていますが、これは間違いです)
写真3 世界の艦船増刊 日本航空母艦史(旧版) 海人社 P.31より
写真4 写真日本の軍艦第3巻 空母I 光人社 P.121より
写真5 海軍艦艇史3 航空母艦 ベストセラーズ社 P.71より

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR