FC2ブログ

阿賀野型 33 (お詫び)

フジミ模型さんから、1/700で阿賀野/能代が発売になりました。
能代は私のブログで紹介しました昭和19年の状態でキット化されています。
ところで、この能代の錨甲板の違いを再現したとありました。
私にはどこが違うのか判らなかったのですが、鉄甲板とリノリウム張りの間のスパンウォーターの位置の違いとのことです。
しかし公式図をチェックしてみても違いはありません。
そこで思ったのは、フジミさんは独自に公式図を入手したものと思っていましたが、もしかしたらこのブログの情報で模型化されたのではないかということです。
そこでブログの図を確認してみたところ、「阿賀野型 27」において掲載した図が間違っていました。
公式図ではスパンウォーターと前甲板の天幕端の位置が重なっていたため間違って描いてしまったものと思います。

フジミさん、もしこの図を元に模型化されたのであれば、大変申し訳ありません。
また、この模型を入手した方も申し訳ありません。
ただ、私も結構ポカをする性格ですので、おかしな点はコメントで確認していただけるとありがたいです。
私は間違いの指摘やその確認作業によって考証は正確さを増してゆくものと思っています。
なお、「阿賀野型 27」の図を修正いたしました。

コメント

§

以前から拝見している者です。
多くの帝国海軍艦艇を公式図と写真から考証されていて大変参考になります。
フジミの件ですが気になさらなくてもいいですよ。
あの会社はまともな考証作業などしないで製品化してるメーカーです。
売れ筋で無い物の製品ほどひどいです。
現存する写真など見ずに公式図だけで製品化してるの丸分かりなんですから。
まして私的に考証をしてる貴殿の図を勝手に見て製品化した結果だったとすれば、気に病む必要なんてないです。
これからも考証がんばって下さい。応援しています。

§ Re: タイトルなし

通りすがりさん、ありがとうございます。

私自身はそれほど考証重視での模型は製作していなかったのですが、縁あって公式図などを入手できたのですから皆さんにそれを活用してもらえたらというのがこのブログを始めたきっかけです。
ですから、どのような形であってもこのブログを参考にしてもらえるというのは嬉しい事です。
ただ、せっかくですからより良いものを作っていただけたらとも思っていますので、疑問点は質問していただけるとありがたいです。
このブログでも後から気づいた所が多々あり、修正した事も数多くありますから。
通りすがりさんも、何かおかしな所など気づいたことがあれば御指摘をお願いいたします。



§

ここには最近来たばかりですがいろいろ参考にさせてもらっています、特に伊27潜の仮説等は読んでいてとても楽しいです、フジミの件はただの偶然ですよきっと、仮に偶然じゃなかったら公式が注目してると胸をはれます。
これからも考証頑張ってください!応援しています!

§ Re: タイトルなし

イエローファイターさん、ありがとうございます。

伊3と説明された写真は、それを基に戦時中の巡潜1型の図まで作成されており、それが浸透しています。
このような弱小ブログではそれを変えるのは難しいとは思いますが、何もしないよりはましですからね。
少しづつでも見ていてくださる方が増えていくのはありがたい事です。
これからもよろしくお願いいたします。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR