FC2ブログ

加賀 14

「加賀 12」で書きました、左舷四番高角砲の下にある庇状のものについてコメントをいただきました。
今回は改めてこの庇の部分について再検証してみようと思います。

さて、コメントはだいたい以下のような内容でした。
・左舷の庇状のものは改装前の四番高角砲(改装後は六番高角砲)下の測距所を移設したものではないか。
・理由は、増設した主砲からの爆風対策として移設したのではないか。
・右舷は、煙突の関係から高角砲付近ではなく、艦尾の機銃台最後部下に設置されたのではないか。

14-1 測距所

写真1は改装前の四番高角砲(改装後は六番高角砲)下の測距所です。
屋根と同じ大きさの構造物が下にあり、このなかに4.5m測距儀が設置されています。
改装後の左舷を写した写真は3枚しか見当たらず、どれもが鮮明ではありません。
写真2・4は前方から、写真3は後方からの撮影です。
しかし、その3枚すべてに改装前と同様な庇下の構造物は写っていません。
高角砲の支柱などは写っていますので、光の加減で影になっているとは思えません。

14-2 庇

写真4ではこの庇の下にある支柱が写っています。
写真3でも庇直下にこの支柱の影があるようです(緑の矢印。写真3aはコントラストをいじってあります。)
この庇状のものは測距所の移設では無いように思われます。

14-3 測距儀

写真5は右舷艦尾にある測距儀です。
では左舷の測距儀はどこにあるのか探してみました。
写真3の艦尾部を探してみましたら、不鮮明なため確実とはいえないものの、右舷と同じ位置に測距儀があるようです(橙の矢印。右はコントラストをいじってあります。)

写真1 海軍艦艇史3 航空母艦 KKベストセラーズ社 P.61より
写真2 海軍艦艇史3 航空母艦 KKベストセラーズ社 P.71より
写真3 日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦 ダイヤモンド社 P.33より
写真4 写真日本の軍艦第3巻 空母I 光人社 P.114より
写真5 世界の艦船増刊 日本航空母艦史(新版) 海人社 P.31より

今回コメントをいただき、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR