FC2ブログ

駆潜艇 第13号型 4

4-01 13号 リノリウム

駆潜艇第13号の諸甲板平面です。(クリックで拡大します)
前甲板のリノリウムの敷かれているのが8cm高角砲以降なのは、その下にある兵員室の位置が関係しているものと思われます。(艦内の配置図は前回をご覧ください)
兵員室の位置が変更になった第14号以降は、第25号と同じとなっていると思われます。

4-02 爆雷

艦尾の爆雷投下軌条は縦置き式6個載の軌条が1本で、艦尾旗竿も立てた状態でも爆雷が通れるような基部になっています。(写真1)
第28号型でも同じですが、新潟鉄工所で建造された第43・48・54号は爆雷投下軌条ではなく爆雷投下台6基となっています。(写真2)
なお、戦争後半には爆雷投下軌条は横置き式2本となりますが、新潟鉄工所で建造された第58号にも艦尾の張り出しが確認できますので軌条2本となったようです。

写真1 日本海軍艦艇写真集 駆逐艦 ダイヤモンド社 P.197より
写真2 写真日本海軍全艦艇史 KKベストセラーズ社 P.837より 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR