FC2ブログ

丙型潜水艦 1(仮)

申し訳ありません、1月中にあげるつもりが遅れてしまいました。
仕事の都合で時間が取れず、図を描くことができませんでした。
いつか乙型潜水艦の記事のように全体図で書き直したいと思っていますので、今回は(仮)とします。

艦橋

今回は丙型潜水艦の艦橋前部についてです。
(図はクリックで拡大します。測距儀は伊16が使用時、伊18は格納時で描いてあります。)
艦橋前部のふくらみ部には電信室があり、その上には空中線引込口があります。
伊16はこの引込口がふくらみの上に飛び出すようにあるのですが、伊18は引込口がふくらみと一体化しています。
なお、引込口の開口部はどちらも右舷側にあります。
伊16型5隻は、伊16が呉工廠、伊18と伊24が佐世保工廠、伊20が三菱神戸造船所、伊22が神戸川崎造船所で建造されました。
伊24は写真が残っており、伊18と同様の形状であるのが確認できます。
伊20は、私の資料では写真が見つかりませんでしたが公式図の「上部平面」では伊16と同様に描かれています。
伊22は写真も公式図も見当たらず、不明です。
ただ、この引込口の形状の違いは巡潜3型も同様で、呉工廠で建造された伊7は伊16と同じように引込口が独立した形状で、神戸川崎造船所で建造された伊8は伊18のように引込口が一体化しています。
伊8と同じ神戸川崎造船所で建造された伊22も、同様に一体化した形状である可能性が高いと思われます。
伊46型はこの引込口が小型化されています。

伊46型では艦橋上の機銃脇のブルワークが少し低くなっており、測距儀も双眼望遠鏡に変わっています。
これは乙型潜水艦でも同様の変化がありましたので、伊16型の各艦も同じように変化した可能性があります。(早期に沈んだ伊18と伊22はブルワークの変化のみ?)

次回は艦橋後部について、次々回は伊46型の伊16型との違いについて書く予定です。


コメント

§ 安堵しました

回復が順調なのでしょうか?トラックバックがあり安堵してますが無理をせず十二分に療養してください。

§ Re: 安堵しました

YAHOOさん、お気遣いありがとうございます。

目は正月過ぎにある程度回復したものの、それ以降はそれほど変化はありません。
正面より上はまだずれが小さいため脳のほうで補正して一つの画像として見ることができますが、下方向はやはり駄目です。
しかも左右の目の老眼の進行度が違っているため、ピントを合わせて補正をきかせるために眼鏡は必須です。
やはり疲れます。
とはいえある程度不便はあるものの、一応なんとかやっています。
図も時間をかけて描いていこうと思っていますので、どうかよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR