FC2ブログ

大和 1

戦艦 大和の考証です。

武蔵

上の写真は武蔵のシールド付高角砲です。
(上は「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.65、下は同P.88より)
シールド前面には固定式の手摺が有ります。

大和-1

これらの写真は大和のシールド付高角砲で、上より昭和16年9月(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.8より)、昭和17年(「歴史群像 太平洋戦史シリーズNo.20 大和型戦艦2 学習研究社」P.38より)、昭和20年1月(「日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵 ダイヤモンド社」P.101より)です。
何れの写真にもシールド前面に手摺は写っていません。

大和-2

17年の写真に写っている手摺は、副砲の測距儀の上にある物です。
20年の写真では、照準窓のシャッター部のラインがわかりますが、それが手摺によって途切れているところはありません。
シールド付高角砲の前面に手摺があるのは武蔵のみで、大和には付いていないようです。

今回及び次回の大和の記事は、以前「模型 海と空」の掲示板に書き込み、そこで色々と検証していただきました。
そのとき、大和の海底調査のビデオでもやはり手摺は見当たらないとの情報をいただきました。
検証に参加していただいた皆さん、ありがとうございました。


追記

高角砲

株式会社バップから発売されているDVD「戦艦大和 深海に眠る、栄光と伝説の全て」からのキャプチャー画像です。
1999年に行われた大和の海底探査時のもので、上は12.7cm高角砲シールドです。
やはり、手摺はありません。
手摺のみ朽ちたという可能性は、下の副砲後面にある手摺が残っていることから無いと思われます。
(副砲は裏返しになっているため、上が床面になります)

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ Re:

コメントありがとうございます。
また返事が遅れましたこと、大変申し訳ありません。

私の考証記事には私自身への権利等は無いものと考えています。
ですので、ご依頼の件は問題ありません。

§ ありがとうございます

ご返事ありがとうございます

すでにホームページ名までは記事化させていただきましたが やはり 二の足を踏んでいた次第です 早速ながら リンク貼り付けさせて頂きます

誠にありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR