FC2ブログ

隼鷹 27

28-1 揚艇機

艦尾最上甲板には、揚艇機が機銃甲板平面にあります。
この図は揚艇機から伸びるワイヤーです。
途中にあるのは滑車の類だと思われます。

28-2 艦尾機銃座

艦尾の支柱の途中には、新造時からリールフラットというものがありました。
昭和18年には、これを拡大して25mm3連装機銃が2基設置されました。
ここには銃側弾薬格納所や兵員待機所が設けられていたと思われますが、わずかな写真からでははっきりとした事は判りません。
図の銃側弾薬格納所や兵員待機所は推定です。
さて、この昭和19年末の公式図(上部平面)では艦尾の3連装機銃が3基描かれています。
(上図は、最上甲板平面にアウトラインのみ描かれている2基用の機銃座を描いています)
しかし、戦後の写真を見ると中央にある機銃射撃装置用のブルワークが残っており、これは計画だけで最後まで2基だったようです。
飛行甲板の回りにある人員救助網は、新造時には艦尾側の全周にありましたが、この機銃座設置の際この付近のものは撤去や形状変更がされています。

28-3 弾薬格納所 改

「隼鷹 25」で書いた「十二糎二十八連装噴進砲装備要領図 第四回」には艦首にある機銃座の一部が描かれています。
それによると以前推定した銃側弾薬格納所に間違いがありました。
改めて書き直しましたのでよろしくお願いします。


28-4 艦尾機銃座

終戦後の写真では、艦尾機銃座に張り出しのようなものがみえます(赤い矢印)。
マリアナ沖海戦前の写真では無いようですので、それ以降に追加されたものと思われますが、用途は不明です。

写真1 丸スペシャルNo.56 日本の空母III 潮書房 P.62より

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【隼鷹 27】

艦尾最上甲板には、揚艇機が機銃甲板平面にあります。この図は揚艇機から伸びるワイヤーです。途中にあるのは滑車の類だと思われます。艦尾の支柱の途中には、新造時からリールフラ...
プロフィール

老猿

Author:老猿
  
日本海軍艦艇を、公式図と写真から
検証しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR